バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< 2011-05- | ARCHIVE-SELECT | 2011-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

肩こり、生理痛に! 女性の味方アスピリン。

こんにちは。



本日もバンコクは良い天気です。
最近はスコールも何故か少なく、過ごしやすいです。



日本はいかがでしょうか。
台風が近づいているそうですが、
もうすぐ?もう?梅雨という事もあり、雨が続いているのでしょうか。



さて、昨日でAGA(男性脱毛症)に関する記事もひと通り書き終えたので、
本日は新しく、”アスピリン”という成分について見ていきたいと思います。




”アスピリン”、

この成分についてご存知の方も何名かいらっしゃるのではないでしょうか。




でも、多くの方は、アスピリンと聞くと、



『なんだ?それは?』となると思います。




そんな方々も、日本で市販されている薬の名前を言うと、おわかりになると思います。


”アスピリン”は、”バファリン”に含まれる成分です。




バファリンと聞くと、『あぁ、頭痛薬ね!』となりますね。




さすがバファリンの広告効果はすごいものです。




そもそもアスピリンは、解熱鎮痛剤と呼ばれるもので、
炎症の起きている部位を鎮痛、また解熱する作用のある成分です。




このアスピリン、実は業界では結構有名で、
最近では、アスピリンを長期に渡って毎日服用する事で、
ガンによる死亡率が低下するという研究結果も出ております。




研究によると、5年間に渡ってアスピリンを連続投与した所、
ガンによる死亡率が3分の1まで縮小するという決定的な証拠を発見したそうです。



上記のように、様々なシーンで活躍するこのアスピリンですが、
今回ご紹介したいのは、生理痛・肩こりに対して効果を持つ事です。




世の中の多くの女性の皆さんは、生理痛や肩こりにお悩みの事と思います。


言わば女性なら、ほぼ必ずと言っていい程の確立で経験するのではないでしょうか。

※女性ではないのに、知ったような事を言ってすいません。笑




”アスピリン”は、これらの痛み・辛さから開放してくれます。




更に、アスピリンは副作用が比較的少ない薬としても知られておりますので、
いままでの生理痛や肩こりの悩みを解決に導く素晴らしい薬として、ご利用頂けるのではないでしょうか。

※もちろん効果・副作用には、個人差はあります。




宜しければ当ショップでも個人輸入が可能ですので、お試し下さいね。




アスピリンはこちら。



最後に、アスピリンについて調べている上で、

面白い使用法について発見したので、ご紹介しておきますね。



------

・切花の活力剤として利用する。

アスピリン錠を砕いて粉状にし、花びんの水に入れると、
アスピリンに含まれるサリチル酸が水をきれいにし、切花を長持ちさせることができるそうです。


・シミ取り

たんぱく質のシミを取るのに、アスピリンが効果的。
汗や制汗剤のシミには、アスピリンを数錠お湯に混ぜ、シミの部分に含ませて数時間置きます。
そのあと、普段と同様に洗濯すれば、シミは消える。

また、卵のシミには、アスピリンを水で溶かしてペースト状にし、
布の裏側からシミの部分に塗り、歯ブラシでこする。最後に、お湯で洗い流せばOK。


・虫さされ

アスピリンを濡らし、虫さされの部分にあてると、応急処置になる。

------


だそうです。


これは私も初耳でした。

以上、本日はアスピリンに付いてご紹介でした!



失礼します。

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

AGA(男性脱毛症)治療における最良の選択とは、、、

こんにちは。




日本はお天気いかがでしょうか。




タイは相変わらず暑い日が続き、時々スコールになります。
過ごしやすいのか、過ごしにくいのか、微妙な所です。




さて、
本日も、昨日に引き続き、AGA(男性脱毛症)の治療について書いていきます。




昨日の日記の最後にて、今回の日記にて、私はどんな方法を選択するか。
という意見についても記載するとお約束したので、その辺も踏まえて、
書いていきたいと思います。




結論を出す前に、昨日紹介しきれていない情報がございますので、
それを先にご紹介しておきます。




それは、AGA(男性脱毛症)の治療について書く上で、今や外せない、
”ミノキシジル”と”フィナステリド”の併用についてです。


この併用については、最も効果のある方法として、最近よく取り上げられてますね。


そもそもこの”ミノキシジル”と、”フィナステリド”は何かというと、
以前の日記をご覧頂いている方はもうお分かりだと思いますが、
AGA(男性脱毛症)治療における、薬の成分の名前になります。


前回の日記でも登場した、AGA(男性脱毛症)の代表的治療薬のプロペシアは、
”フィナステリド”という名前を成分としており、その他働きに違いはございますが、
”ミノキシジル”という薬もAGA(男性脱毛症)の治療にてよく登場します。




前回の日記で、”病院で治療した場合”と、”ご自身で薬を個人輸入した場合”について
比較してみましたが、



その結果は、2年の治療期間で、25万円以上の差が出ていましたね。




もし、ご自身で薬を個人輸入して服用したとして、
この最も効果のある”ミノキシジル”と、”フィナステリド”の服用を実現すると、
費用はいくらくらいになるのでしょうか。


前回の続きのような話になりますが、
弊社、輸入代行のカウボーイサイト で注文した場合の金額をご紹介します。



”個人輸入で服用した場合”の値段に、単純にミノキシジルを加えた値段も加算して
計算してみるだけなのですが、下記のような結果になりました。


【前提】

ミノキシジル100錠が、カウボーイサイトでは、1950円で買えます。という事で、1錠の値段は19.5円。
※一日20円で計算します。



1日1錠の服用なので、6ヶ月の治療費は、3600円。

同様に、一年だと7200円

2年だと、14400円です。


という事で、”病院で治療を受けた場合”と比べると、
”ミノキシジル”と”フィナステリド”を個人輸入して併用したとしても、

半年で、61200円



一年で、122400円



二年で、244800円




の価格差で、”個人輸入を利用して治療した場合”の方が安いという結論になります。




さて、ここまで価格についてつらつらと比較をしてきましたが、
もちろん私とて、治療方法を、安いからそちらを選ぶという事はありません。




価値が同じなのであれば、それは安い方を選択するのが当然ですが、
前回の日記でもご紹介したように、少なくともこの場合にして言えば、
病院にいく事の価値は存在します。




私が考える、大きいものとして挙げられるのは、安心感と知識でしょう。




医師には、AGA(男性脱毛症)を含め、その他医薬品全般に対する知識と経験があります。
これらの知識に対しては、お金を支払う価値が十分にあると私達は考えます。




更に、そこから得られる安心感も重要です。





という事で、



私だったらどういう方法を選択するかというと、
安値と、医師から得られる情報を両方実現しる方法を選択します。




結論としては、私はまず医者のもとへいくでしょう。




そして、AGA(男性脱毛症)について、関連する医薬品についての知識を医師から聞きます。




その後治療方法について理解した段階で、服用している薬を、個人輸入にて調達します。





いかがでしょうか。




今の私がもしAGA(男性脱毛症)と付き合うのであれば、上記のような行動に出るでしょう。




以上、今回の日記では、”ミノキシジル”と、”フィナステリド”の併用について触れた上で、
私が考える、最良の方法について記載しました。




釘を指すようですが、上記に記載したのは、あくまでも私個人の考えですので、
ご参考にして頂けるだけでも幸いでございます。




また、ご意見ご感想をお待ちしておりますので、
お気軽にコメント下さいね!!




それでは、今回はこのへんで失礼します。




いつもご覧いただき、ありがとうございます。



| 未分類 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

髪が生えるまでに、いくら払いますか?

こんにちは。


今日は日曜日ですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。


日本は台風が近づいているそうですが、雨は降っているのでしょうか。



さて、
本日は、前回に引き続き、AGA(男性脱毛症)に対してのブログを書いていきます。




前回は、治療薬の特徴を、二つの成分を比較しながらお伝えしましたが、
今回は、AGA(男性脱毛症)の治療費について調べてみました!




これから治療を始めようと思っている方は、特に、ご参考にしていただけたら幸いです。
いざ、治療を使用となると、気になるのはやはり費用と効果かと思いますので。




効果の方は個人差があるので、『必ず生えます!』とは言えないのですが、
前回の記事でも書いた通り、部位と、症状に関して言えば、
効果が現れやすいものとそうでないものがあるので、それについてはご理解頂けると幸いです。


前回の記事はこちらから飛べます。


そして、今回ご紹介する費用についてですが、
もちろん治療法によって費用が異なってくるので、




”病院で治療を受けた場合”と、”ご自身で薬を購入して服用した場合”




を比較する事で、費用のご紹介をしていきます。




さて、それでは、早速今回のテーマでる、費用の比較を見ていきましょう。




まずは、”病院で治療を受けた場合”を見てみましょう。




この機会に、私も詳しくネットで料金について調べてみたのですが、
”AGA_治療費”という、まさに検索されそうなワードで検索をかけた所、
案の定たくさんの関係病院やら、輸入代行業者のサイトが出てきました。




という事で、もっともアクセスがある(お客様がついている)検索上位10位以内のサイトを、
全て閲覧して平均を調べたのですが、結果は下記の通りでした。




現在日本のAGA治療費の相場は、月に1万円~3万円です。



途中、最安で8000円というのを見かけましたが、
平均として、2万円、もしくは、15000円という表示が多かったので、
今回は少ない方を取って、月15000円という価格を使用して比較を行ってみます。




更に、月の費用と同時に大切なのが、治療期間です。




AGA(男性脱毛症)の治療において、効果が出るまでには通常、少なくとも半年の治療が推奨されている事から、
今回は半年を第一ピリオドとし、第二ピリオドを1年後、第三ピリオドを2年後と設定して、
3つの期間においてそれぞれどれ程の治療費の差が現れるのか、計算をしていきたいと思います。




ここからは、単純計算になります。算数です。




”病院で治療を受けた場合”、



第一ピリオド、すなわち、効果が洗われるまでに支払うであろう費用というのは、
15000円×6ヶ月で、90000円になります。




続いて、効果が現れてから半年、
第二ピリオドでは、180000円の支払いになります。




更に、第二ピリオドを過ぎた後にもう1年の治療を継続するとなると、
合計費用は、360000円になります。




これが、今日本でAGAの治療を受けた際に、病院に支払う事になるであろう費用です。




ここでは、計算に入れておりませんが、当然通院の場合は、通院費用や時間を考慮すると、
更なる出費をしている計算になるでしょう。




では、続いて薬の服用について見てみましょう。




これは、せっかくなので、弊社輸入代行のカウボーイサイト で、
AGA(男性脱毛症)の代表薬であり、日本でも厚労省から認可が降りている、
プロペシアを個人輸入して服用した時の値段でご紹介しましょう。


弊社、輸入代行のカウボーイでは、プロペシア3箱(84錠)を11850円で個人輸入できます。


という事は、
単純計算で、11850÷84錠で、1錠の値段は、141円です。
※端数は無視して140円として計算してみましょう。




まず140円×30日で、一ヶ月の治療費は、4200円。




第一ピリオドの半年では、治療費は、25200円となります。




続いて第二ピリオドですが、これは50400円




最後の第三ピリオド、2年の治療期間だと100800円です。




もう頭で計算出来るレベルですが、一応”病院で治療を受けた場合”と比較してみましょう!




第一ピリオド(半年後)での料金差は、90000円-25200円で、64800円。


第二ピリオドになると、180000円-50400円で、129600円の差が出ます。


最後に第三ピリオドだと、360000円-100800円なので、その差は、259200円の差です。




・・・・結構大きくないですか?




同じ36万を支払うと、個人輸入で治療を行う場合、3年半治療が続けられます。



更に、前述の通り、通院の費用や時間を考えると・・・・




という事です。




ご覧の皆様は聡明でしょうから、もう言わんとしている事はお分かりでしょう。




今回は、”費用について”という事だったので、
最後に何故このような現象が起こるかをご紹介した上で、次のブログの告知をして終わろうと思います。




この現象が起こるのは、下記2点の理由が大きいでしょう。




・このAGA(男性脱毛症)は保険適用外であること。
・病院に行くと、同じプロペシアを処方してもらうのに、診察料が加算される。




という事です。




最後に断っておきますが、あくまでも今回のブログでは、
単純に費用を比較したまでですので、
安心感や医師の知識等といった、治療費意外の価値については一切考慮しておりません。




もちろん、それらの価値にいくらをお支払いするかというのは個人によって違うでしょうから、
通院を選択する方がいれば、個人輸入を選択する方もいるというのが事実です。



ただ、治療費と、その他の価値を分けて考える事で、

ご自身が何にお金をいくら遣っているかを知る切っ掛けになれば嬉しいなと思っております。



以上、今回はこの辺にして、次回は、これまでの知識を踏まえた上で、私だったら、
どういう選択をするのかという事について、書いてみたいと思います。



以上、本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。






| 未分類 | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ミノキシジルとフィナステリドの違い。


こんばんは。


日本はもう23時ですか。


だいぶ遅い時間のブログ更新となってしまいました。


因みに、

こちらは、2時間遅れなので、21時です。




さて、


本日は、AGA(男性脱毛症)に効果があるとされている、
”ミノキシジル”と、”フィナステリド”の違いについて
ご紹介していきたいと思います。


”ミノキシジル”と、”フィナステリド”について、初めて聞いたという方もいるかと思いますが、
これらは、発毛・育毛の成分で、下記の様な商品の成分として使用されているものです。


”ミノキシジル”を含む商品としては、ミノキシジルタブレット や、ニューヘアローション 等が有名ですね。


対して、


”フィナステリド”を含む商品としては、プロペシア やプロスカー が有名です。


そもそも私も、両方ともAGA(男性脱毛症)の薬だとは知っていましたが、
どちらがどのような効果を持ち、どんな違いがあるのかという事について、
詳しく有りませんでした。


が、


今回のブログを書く上で、違いが理解出来ました!




この機会に、皆様にも両商品の違いについてご理解頂けると嬉しいです!




では、早速ですが、




これらの違いについてですが結論から言うと、下記の通りです。


”ミノキシジル”と”フィナステリド”の大きな違いは、その働きにあります。




”ミノキシジル”は、
発毛をうながす事が目的とされ、脱毛症の部位に働きかけ、髪を生成する働きをします。




また、ミノキシジルは、AGA(男性脱毛症)にだけでなく、円形脱毛症を初め全ての薄毛対策に効果を発揮します。




対して”フィナステリド”は、
薄毛の原因である、ホルモンに直接働きかけ、脱毛症の進行をとどめる働きをします。




このように、同じ脱毛症の薬といっても、効果が違います。




ご理解頂けましたでしょうか。




更に、今回は、せっかくブログをご覧頂いているので、
”ミノキシジル”と”フィナステリド”の開発背景についても、少しご紹介しておきたいと思います。


まずは”ミノキシジル”についてですが、
これはフィナステリドが出る前まで完全に主流となっていた育毛剤の成分の事です。


初めは、高血圧症の治療に使用されていた成分でしたが、
副作用として多毛症が多く見つかった事から開発が始まり、
試験を経てミノキシジルという育毛剤として使用されるまでになりました。




日本で知名度の高い、リアップ等はこのミノキシジルを使用しております。




ミノキシジルの特徴としては、その他の育毛剤と比べると、
使用者によって効果に個人差があるといえます。


数ヶ月ではっきりと効果が実感出来る人もいれば、
数ヶ月、もしくは半年以上使用して、効果が確認出来るようになる人もいます。




また、”ミノキシジル”の使用に際し、注意すべき点として、
効果が現れやすい部位と、そうでない部位が存在するという事です。


”ミノキシジル”は、主に登頂部の薄毛、脱毛に対して特に効果を発揮します。


血管拡張剤としての性質上、血管の多い頭頂部に効果的に作用するのです。


もちろん、その他生え際やM字部分には、効果がないという事はないようです。
ただし、効果が実感できない・または、効果を確認出来るまでに時間を要する事があるようです。




続いて、”フィナステリド”について、




これは、もともと前立腺肥大の治療に使われていた薬で、
その後AGA(男性脱毛症)に効果があるという事がわかったものです。


”ミノキシジル”と比べると後発とされておりますが、
”フィナステリド”は、現在世界の約50ヶ国以上で使用されており、
日本でも2005年に正式な認可がおりる程今では世界中で使用されております。




”フィナステリド”の特徴としては、上述の通り、脱毛症の進行を抑制する働きを持ちます。




というのも、原因である男性ホルモンに直接作用する事から、
脱毛症の進行を留める事が可能なのです。



以上、簡単ではありますが、


今回は、意外と知らない、”ミノキシジル”と、”フィナステリド”の違いについて。


ご紹介でした。


いつもご利用頂きありがとうございます。





| 未分類 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その4)

こんにちは。



本日も連載を継続していきたいと思います。



今回は、その4ですね。




内容はというと、
前回までで、花粉症対策薬の第二世代の抗ヒスタミン薬をご紹介し、


入手が難しいのが問題だという話をしましたね。




今回はその、簡単な入手方法について具体的にご紹介しましょう。



それでは、早速、芸もなく最初からその方法についてご紹介しますが、
前回のその3で述べた、入手するのが困難というのは、日本国内に限っての話になります。


どういう事かというと、この抗ヒスタミン薬の第二世代の薬は、海外では普通に市販で売られているのです。
※国によっては、処方箋なしで手に入る薬なのです。


前回ご紹介したジルテックに関して言えば、諸外国では既に認可され、市販されております。

しかし何故か、基本的に日本は新しい薬の認可に非常に時間がかかるようです。


とにかく、海外では当たり前に売られているので、
これを個人輸入する事に関しては、処方箋をもらわなくても入手することが可能です。


もちろん何かあっても個人責任となりますが、
病院に行く手間や、毎回の診察料を考えればはるかに安い値段で手に入れられるので、
自分が実際に服用して信頼している薬であれば特に問題はないでしょう。


ただ、実際に自分で海外に発注しろと言われても困ると思いますので、
これについては個人輸入を代行してくれる業者が存在します。


要するに、自分で海外の業者を探して発注をかける手間を代行してしてくれるわけですね。


利用する側としては、

インターネットでの手続きなので、ネットショップで購入している感覚に近いと友人は言います。


「近い」というのは、あくまで依頼するのは「発注の代行」であって「薬の注文」ではないのが違うところです。


そういうわけで、届いた商品を服用して何か問題があっても、

輸入代行業者に文句を言うことはできないというのが注意すべき点だと。


実は当ショップもその輸入代行会社の一つですが、
個人輸入の代行をしている業者は、たくさん存在しております。


ご利用の皆様には、当社を含め、多数ある輸入代行の企業からしっかり選定をしていただき、
ご利用頂く事をおすすめ致します。


最後に少し宣伝風になってしまいますが、当ショップでは、
タイの国から認可を受けている商品のみを扱っておりますので、
安心の商品をお届け出来る点で、自信を持っておすすめ致します。


それでは、その4まで、連載は続きましたが、
このシリーズもここまでとさせて頂きます。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。




| 未分類 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その3)

こんにちは。


本日も、昨日に続いて、花粉症との付き合い方シリーズをお送り致します。



本日は、、その3ですね!



以外にしっかり連載しています。



さて、前回までのおさらいですが、花粉症がどういうものなのかという所と、
花粉症対策の具体的な方法についてご紹介してきましたね。


その2では、友人が以前使用していた対策薬について触れましたが、
現在使用している薬については触れてませんでした。


という事で、今回は現在友人が長期にわたり利用している対策薬について、
詳しくご紹介すると共に、対策薬についての知識もご紹介していきます。



それでは早速、前回少しだけご紹介している抗ヒスタミン薬ですが、
市販されている抗ヒスタミン薬の多くは、前回書いたように副作用が強いです。



副作用としては、強い眠気・口鼻の渇きが主なものだと思います。



そういうわけで、花粉症の症状とのトレードオフとして服用すると思ったほうが良いでしょう。
特に、仕事をする時の効率UPにはあまり貢献しないと思ったほうがよいです。



とにかく、くしゃみと鼻水のせいで眠れないとか、

電車で鼻水が垂れて恥ずかしいとか、そういう人には良いと思います。



私自身、長年市販薬でなんとか乗り越えてきました。



鼻水が出続けるよりかはまだ「まし」だと思ったので服用を続けていましたが、
やはり仕事の効率が下がるのが気になっておりました。



仕事がデスクワーク中心なので、毎日眠気との戦いでした。


が、しかし、

3年前から私の状況が劇的に変わりました。


これは私の病院嫌いが祟り、情報が入ってこなかったのですが、
近年になって第2世代の抗ヒスタミン薬というのが主流になってきていたのです。


3年前に気づいたのですが、
ここまで書いてきた市販の花粉症の薬は第1世代と呼ばれている、抗ヒスタミン薬だったのです。


友人はこれをずっと服用しており、第二世代の存在に気づいていなかったのです。



そして、3年前に存在を知った、この第2世代の抗ヒスタミン薬のすごい所は、
副作用がかなり軽減されている事です。



友人の場合、会社でその情報を教えてもらったのですが、
試しに服用してみたらその違いに驚きました。


ほんの少しの眠気はあるものの、それ以外はほぼ日常と違いが感じられなかったそうです。



もちろん人によって副作用の出かたは違うでしょうが、
おそらく第2世代の抗ヒスタミン薬を使ってしまったら第1世代には戻れないでしょう。


私の友人は、会社の人に勧められて知った、第2世代の抗ヒスタミン薬として

「ジルテック」という薬を服用しています。



友人はこの薬が合うといっており、もう何年かこの薬で花粉症の時期を乗り越えておりますが、
もちろん、

ジルテック以外にも第2世代の抗ヒスタミン薬はありますので、自分に合うものを購入すればよいと思います。


私の友人曰く、(といっても医者ではないので詳しくは医者に聞いてもらう必要がありますが)
ジルテックの特徴は前の日の寝る直前に飲むと、次の日1日持つということです。


私の友人がジルテックを気に入って、服用している理由はこの部分にあります。


第2世代の抗ヒスタミン薬といえども多少の眠気は存在するのですが、
寝る直前に飲むことで多少睡眠導入的に使いつつ花粉症の症状もなく快適に眠れるのと、
次の日はそれほど眠気を感じることなく快適に1日を過ごせるそうです。


もしかして花粉症が治ったんじゃないかと錯覚するほどです。


でも飲まないと大変なことになるわけですが。


そんな、いいところばかりが目立つ第2世代の抗ヒスタミン薬ですが、

ひとつ問題があります。


それは、

第2世代の抗ヒスタミン薬はそのほとんどが薬局などで市販されていないことです。


その理由は、第2世代の抗ヒスタミン薬はそのほとんどが指定医薬品とされているためです。


指定医薬品とは要するに処方箋が必要な薬と考えればよいでしょう。


第2世代の抗ヒスタミン薬で市販されているものもあるのですが、
第2世代と分類されているにもかかわらず眠気が強い成分であったり薬効が弱いものしかないようなのです。


従って第2世代の抗ヒスタミン薬を手に入れようと思うと、病院に行くしかありません。


しかし病院に行ってもどの薬を出すかは医者しだいですから、
自分が欲しいと思う薬が処方されるかわかりません。



また、たいていの病院は2週間分ぐらいしか薬を渡してくれないので、
しょっちゅう病院に行かなければならない上に、薬だけ欲しいのに毎回診察料まで取られるのです。



非常に時間とお金がかかります。特にこの時期は耳鼻咽頭科は混むのでなおさらです。


上記のように、第二世代の副作用の比較的少ないものについては、
入手が困難だという問題がありますが、友人は、3年前からこの
「ジルテック」で花粉症の時期を乗り越えるようになりました。


おかげで以前ほど花粉症の時期をつらいとは思わなくなりました。

鼻水・くしゃみはもちろん目のかゆみともほぼ無縁の生活が送れています。




挙げるとすればごくわずかな眠気と多少目ヤニができやすいぐらいでしょうか。
そのぐらいであれば我慢できています。(なんで目ヤニができるのかはよくわかりませんが、何かそれが問題になることは全くないです)



激しい運動をした場合は症状が出たりすることもありますが、
基本的におとなしくしていればかなり快適に過ごすことができます。


しかし、それも第2世代の抗ヒスタミン薬があってこそ。

これが、もっと簡単に手に入れば良いのに、、、


と、友人は考えました。


そして、ついに、第二世代の花粉用薬について比較的簡単に入手出来る方法を発見したのです!


そのへんについて、次回は詳しく書いていきます。


今回(その3)はここまで。


| 未分類 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その2)

こんにちは。


週明けの午後、皆様はいかがおすごしでしょうか。


私はいつも通り、一人PCとにらめっこです笑



さて、本日は、昨日に引き続き、花粉症との付き合い方シリーズをお送り致します。


前回の記事でご紹介の通り、
今回は具体的な対処方法について触れていきます。


ここからは、私の友人の体験談を記載していく部分が多くなると思いますので、
皆さんもご自身の症状と重ねあわせながら記事をご覧下さいね。


早速見ていきますが、まずは花粉症対策の基本中の基本から。




そうです。




マスクです。




ですが・・・このマスク、個人的にどれだけ効果があるのか正直わかりにくい。



私の友人の場合、マスクをしたことで症状が出なかったことは一度もないそうです。


おそらく彼の場合は、許容量の限界値(症状が出るまでに必要な花粉の量)が低いのだと思います。



ちょっとの量を吸い込んだだけですぐ症状が出てしまいます。



症状が出てしまえばマスクをしていても鼻水は止まらないため、
常にマスクの中は鼻水でベトベト。

まぁ、鼻水が垂れてきても人に見られないという効果はありますね(笑)。


とはいえ、体内に入る花粉の量を減らすという意味では、
やはりマスクをしたほうが良いというのは、間違いないでしょう。


彼の場合はあまり効果がないようですが、一応マスクについてもう少し触れておきましょう。



マスクは現在かなりの種類が市販されていて、花粉除去率95%とか99%とか色々書いてあります。



花粉除去率の数値が何をもとにしたものなのかわかりませんが、一番重要なのは「形」だと思います。



当たり前の話ですが、いくらガーゼの部分の除去率が高くても隙間から入ってきたら意味がありません。



従ってマスクは顔にフィットするものがいいと思います。よく「3D」とか「立体」とか書いてあるやつですね。




それと呼吸のしやすさも重要です。

除去率が高いということはその分ガーゼ部分の密度も高いでしょうから、呼吸しにくいはずです。



また、鼻の穴や口にぴったりくっついてしまうタイプのものも呼吸しにくいです。



比較的、立体のものは口の前に空間ができるようになっており、呼吸が楽なものが多いと思います。

マスクをしていても、呼吸が苦しくて疲れたりマスクを外してしまったのでは本末転倒ですからね。


以上、マスクについての考察は、
マスクは症状そのものを抑える効果という意味ではあまり期待できない(人によるとは思いますが)ですが、
予防には必要でしょうから、自分の顔や症状に合ったものを見つけてつけるのが良いという事でしょう。




さてさて、マスクの話はこれくらいにして、
彼が15年以上花粉症と付き合う中でずっと続けている方法を記載します。




彼曰く、



”花粉症対策といえば、薬”だそうです。



彼自身、個人的に薬そのものはあまり好きではないそうですが、

(病院もよほどのことが無ければあまり行くことはないです)、



花粉症だけは薬に頼らざるを得ません。




そういうわけもあって彼は今や花粉症薬については結構詳しいです。




薬には副作用がつきものです。毒を持って毒を制すというのが薬の根本的な考え方です。


特に西洋医学の薬はその傾向が強いと思います。

かといって漢方なら大丈夫なのかといえば漢方薬にも副作用がないわけではありません。


生薬というと自然のものというイメージがあり、

なにか安全なものというイメージを持ちますが、それと副作用がないこととは必ずしも関係はありません。




この体にとってよくないものを摂取することで症状を緩和する、という考え方が、

友人はあまり好きではないようなのですが、花粉症に限って言えば、

薬を摂取したほうが副作用を考えても、はるかに症状が楽になるそうです。


たぶん、花粉症だけに限らずアレルギー症全般に言えることなのかもしれませんね。


先に、薬を服用した方が、副作用を考えても症状が楽になると言っておいて矛盾するようですが、

今から記載する、一般的に市販されている花粉症の薬については、その言語が必ずしも当てはまりません。



どういう事かというと、花粉症薬の中にも、副作用がひどいものが存在するという事です!




私が花粉症になったばかりの頃、常用していた薬が「ストナリニ」という薬でした。



今でも売っていますし、おそらくこれを読んでいる人の中にも使っている人がいるでしょう。



たいていの薬局に置いていると思います。



そして飲んでいる方はよくわかると思いますが、

ものすごい眠気と口や鼻の渇きを感じ、さらに頭がボーっとするそうです。



鼻水・くしゃみは完全に止まりますが、

副作用も強いため、やはり仕事などに集中することはほぼ不可能です。



寝る前に飲む分には睡眠薬代わりに使えるほどですが、口や鼻の渇きはどうしようもありません。



確かに宣伝通り「よく効く」のですが、効きすぎるのです。



口と鼻がカピカピになります。乾きすぎてヒリヒリするほどです。



今のストナリニは多少改善されているのかもしれませんが、

基本的な成分自体は以前と変わっていないようです。



今回はストナリニを槍玉に挙げましたが、実際には市販品のほとんどはストナリニと同じく、
「マレイン酸クロルフェニラミン」という成分が使われていることが多いです。



違う名前だったとしても同じような名前です。



これは抗ヒスタミン成分と呼ばれる種類の成分です。



この成分が、花粉症の症状を緩和し、症状を和らげる効果をしてくれているそうでなのです。



そして、この抗ヒスタミン成分を含む薬が、現在では世界中で数多く開発されており、
開発が進むにつれて、副作用も軽減されてきているそうなのです。


実は友人は、以前はこの「ストナリニ」という薬を服用しておりましたが、
今はこの抗ヒスタミン薬の最近開発されたものを服用し、花粉症の対策を行っているのです。


その副作用がどの程度なのか、実際に使っている薬や服用の方法について、
次回で書きたいと思います。




という事で、今日はここまでにします。


その2、おわり。

| 未分類 | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その1)

こんにちは。


本日は、花粉症について、書いてみたいと思います。



今更か?



という感じでは有りますが、花粉症については書きたいと思っていたので、
来年の事も有りますし、書く事にしました。




因みに、花粉症に関するコラムは、
私だけでなく、私の友人の話も参考にして書いていきます。

※私の友人は、15年以上花粉症と付き合っています。


風の便りに、

現在では、もう花粉も弱まりだしたとの話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。




花粉症の人なら花粉のニュースには敏感でしょうから知っていると思いますが、
なんと今年は例年の10倍の花粉が飛んでいるそうですね。




10倍の花粉はいかがでしょうか。




確かに花粉はたくさん飛んでいるようですが、
私自身、10倍きついかと言われればそうでもないですね。。

まぁ、私は、ほとんど花粉症とは言えない位の症状しかでないのですが、、、



という事で私の友人にも聞いてみたのですが、

私の友人も、毎年同じ位辛いと言っておりました。




また、花粉も増えたようですが、同じように花粉症の患者も増えているそうです。



その数は、一説に2000万人以上いるという話を聞いた事が有りますが、
私の回りの人を見ていると、あながち間違いではないような感覚を受けます。



2000万人というと、国民の6人に1人という割合です。



これは、普通に考えたら国家レベルで対策が必要なんじゃないかと思える程の人数です。



また、国家レベルでなくても、会社レベルでも対策が必要なのではないでしょうか。



というのも、花粉症の人ならわかると思いますが、
症状が出てしまうと(特に鼻水が止まらなくなると)、ほぼ仕事に集中することは不可能です。



花粉症患者がまったくいないという会社はほぼ無いでしょうから、
会社にしてみても損失と言えるんじゃないでしょうか。


とにかく、全ての花粉症患者の方にとって、花粉が飛ぶ時期は恐ろしい時期です。




そこで、




このブログでは、
私や私の友人が、どのように花粉症の時期を乗り越えているかを、参考までに書いていきたいと思います。


前述のように、私の花粉症の症状はひどくないのですが、
私の友人は、もう15年程花粉症と付き合っているので、その経験を元に、
どのように花粉症の時期を乗り越えているのかを書く事で、何かお役に立てるかと思います。



ではでは、
具体的な話は次回にして、今日はここまでとします。



次回は友人の対策方法をご紹介していきたいと思いますので、

お楽しみに。。。



その1はここまで。




| 未分類 | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

軌跡のダイエット成分、オルリスタットについて

こんにちは。



本日は、全世界でもっとも多くの人が悩んでいるだろう、
ダイエットについて、書いてみたいと思います。



現代では、私を含め、全世界で見ると、相当多くの方が、
ダイエットについて悩みを抱えているのではないかと思います。


どうして人はこうも自分の見た目を気にするのでしょうか。



不思議なものです。


少し古いデータですが、2007年に発表された、OECD加盟国の肥満率調査によると、
アメリカの肥満率は31%となっており、3人に一人が肥満だというデータも出ている程です。



また、同調査で明らかになっている事ですが、
実は、日本は韓国と並び、肥満率は3%とOECD加盟国の中では最下位です。



しかし、どうでしょうか。



肥満率最下位の日本では、
とても多くの人がダイエットに興味関心を持っていると思います。




不思議なものですね。。。




さて、前置きはこれくらいにして、薬のご紹介に移りたいと思います。




今回ご紹介するのは、オルリスタットと呼ばれる成分です。




オルリスタットアメリカで有名な、経口服用タイプのダイエット治療薬です。



同成分は、服用すると腸内で作用し、腸管からの脂肪の吸収を阻害します。


この効果により、
食べ物として摂取した脂肪分は、体内に吸収されず、そのまま大便として排出されてゆきます。




この薬の優れている所は、従来のダイエット薬とは違って、食欲を抑制する作用がない事です。




この薬の出現により、食べない事によるダイエットから、
食べる量を減らさずにダイエットするという、ダイエット方法のシフトが可能になるという訳です。




また、アメリカにおけるこの薬の治験の結果、本薬の1年間の投与によって、
60%の成人で5%の体重減少が、27%の成人で10%の体重減少が観察されています。



この優れた薬は、ロシュから、Xenical(ゼニカル)という商品名で発売されており、


日本においては現在、治験あるいは製造承認申請中です。


もちろん当ショップでもお求め頂けます。
【http://www.import-cowboy.com/ca15/193/p-r15-s/ 】




近々日本でも製造販売の許可が下りる日が来るのではないかと思います。




最後に、この薬をご紹介するに当たり、副作用についても触れておきたいと思います。




この薬の特徴上、脂溶性ビタミンである、ビタミンA、D、E、K、βカロテン の吸収も


阻害されてしまうため、これらのビタミン類の摂取量を増やす必要がございます。


FDAもこの勧告を指示しているように、脂溶性ビタミンの量については、注意が必要です。


また、もう一つご紹介しておくべき副作用としては、
個人差が有りますが、便意がコントロール出来なくなる可能性があるという事です。


どういう事かと言うと、脂肪や便が肛門から流れ出す事があるという事です。


これらの副作用への対処方法については、医師とご相談の上で、正しくご利用下さい。



| 未分類 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

EDに対する必要最低限の知識とは、、

こんにちは。


本日は男性の悩み、EDについてご紹介していきたいと思います。


日本には多くのEDの患者がいるという話は有名な話ですが、
そもそも、



・EDとは何なのか。
・どういう病気なのか。
・どういう治療法があるのか。



本日は、EDを語る上で最低限必要な知識をご紹介していきたいと思います。


まず、EDとは、英語の(Erectile Dysfunction)の略。
日本語に訳すと、”勃起不全””勃起障害”と呼ばれます。


一般的にEDと言われると、勃起をしない状態を指すと思われがちですが、実際の所はそうではありません。


下記のような状態の時も、総称してEDと呼ばれます。



・たまに立たない時がある
・立つまでに時間がかかる
・立っても性行為の途中で萎えてしまう


上記の場合は、軽度又は中程度と呼ばれ、全く立たない状態を重度と呼びます。


因みに、医学的には、下記のように定義がされているそうです。



”性交時に十分な勃起や、その維持が出来ずに、満足な性交が行えない状態”



そう考えると、軽度や中程度もEDの中に含まれるというのも納得がいきますね。


ある薬品メーカーのデータによると、現在国内でEDを患っている男性の数は、
推計で1130万人とされており、
計算上成人男性の4人に1人が勃起による性行為の悩みを抱えているそうです。



これを全世界で見ると、欧米では7000万人、世界全体で1.5億人がEDに悩んでいるとされております。



また、よくある誤解がもう一つあるので、ご紹介しますと、
EDは加齢による中高年の病気だと思われがちですが、年齢とは直接関係ありません。



確かに、加齢によって男性ホルモンが減少する事で、この病気が発症する方が居るのは事実ですが、
最近では、ストレスなどが原因でEDを発症してしまう若い男性が目立って増えてきています。


続いて、EDを語る上で外せない、問題の一つとして、
治療をうけている患者の数が少ない事も書いておきたいと思います。



前述のように、国内でEDを患っている男性の数は1130万人ですが、
そのうちで、実際に病院で治療を受けている患者の数はどれくらいなのかといえば、
僅かに1割程度と言われております。



これにも理由があります。



・生死に関わる病気ではない。
・恥ずかしいので、他人知られたくない。
・ED治療には保険が使えないために検査や治療薬が異常に高額。
・ED治療に関する情報が少なく治療をはじめたくても躊躇してしまう。



などです。



確かにもっともな理由だとうなずけますね。

私自身頷いてしまう所です。



しかし、ED治療は適切な知識を持って行うべきであり、

一人で悩む必要は全くありません。



今やEDは、男性によくある病気であり、病院に行く事は恥ずかしい事では有りませんので、

しっかりと診断を受け、早期に治る様に処置をしましょう。



あとあとを考えると、それが一番良い方法なのではないでしょうか。




さて、

概要をご紹介したところで、治療についても触れておきたいと思います。



まず覚えておいて頂きたいことは、勃起不全を発症してしまう原因は人によって違うという事です。



生活環境、体質、性格、他に患っている病気やその治療のために服用しているお薬など、



様々な原因が絡み合って勃起不全を発症します。



そして、当然その原因によって勃起不全の治療法も違います。



一応代表的な治療法について、ここでは触れておきますが、

下記に記載する治療法は代表的なものであり、万人に当てはまるものではありませんので、ご注意下さい。


1.ED治療薬を服用する


最も広く取り入れられている治療法です。
EDを患っている人の80%以上は治療薬の服用で症状が改善するといわれています。
国内の病院で購入可能な治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
国内で治療薬を購入するには病院を受診するか、または、インターネットでの個人輸入代行を利用する以外にありません。


2.海綿体注射法



海綿体注射法は主に、ED治療薬が使用できない人向けの治療法です。
この治療法は1982年にフランスの血管外科医によって初めて取り入れられました。
局部の血管を拡張し強制的に勃起を促す作用がある、プロスタグランジンE1という薬剤を陰茎海綿体に注射する方法です。
海綿体に異常がなければ通常5分ほどで勃起し、効果は約2時間持続します。
ただし、国内では患者本人の自己注射は認められておらず、患者さんは病院で注射を受けた後、
すぐにエッチする場所に移動しなければいないという不便さがあります。


3.ミューズを使用する



こちらの治療法もED治療薬が使用できない人向けの治療法です。
ミューズとはバイアグラなどの経口薬とは違い、

注射法と同じ薬剤をスポイトのような器具によって尿道から挿入し、
尿道内の粘膜を通して吸収させるアメリカ生まれの治療薬です。

通常5~10分で効果が現れ、持続時間は30~60分です。ミューズは海綿体注射と違って医師の診断、指導を受ければ患者本人で使用が可能です。
使用にあたっては疲労、アルコールの飲みすぎ等は避ける必要があります。
また、ミューズを使用する際は必ず医師の診察を受けましょう。



以上が主な治療法です。


繰り返しますが、EDは恥ずかしい病気ではなく、世界で多くの人が悩んでいるものなので、
もしEDかもしれないと思ったら、医師の元へ相談へ行き、ED治療薬を処方してもらうのが良いでしょう。


上記のように、恐らく医師の元へ行っても、ED治療薬を処方されるでしょう。

処方通りに服用する事で、後に健全な性生活を送る事ができるでしょう。


もちろん、当ショップでも、上記のED治療薬は入手できます。
治療法1.でご紹介している、輸入代行で入手する方法の一つですね。

商品詳細はこちらから【http://www.import-cowboy.com/?ca=22】


確かな知識と共に、当ショップをご活用頂き、ED治療のお役に立てて頂けますと幸いです。




それでは、最後に、番外編として、ED予防のポイントをご紹介して終りにしたいと思います。



EDを予防するうえで大事なポイントは下記の通り3つあります。



1.食事
2.運動
3. 休養




なーんだ。そういうアドバイスか。

そんなの全部の病気に共通する事ではないか。




という感じですね。



しかしこの3つが一番良いとされるので、まずは日頃の生活から改善していきましょう。




更に、今回はせっかくこのサイトをごらん頂いたいたので、

上記の3つに加え、効果的な予防法をご紹介します。




EDを予防するうえでとても簡単で、とても基本的な方法は、日頃から勃起を習慣付けておく事です。



理想は一日一回勃起させること。



毎日が無理でも週に2~3回は勃起させてみるのが良いと思います。



何も一日一回セックスするという訳ではなく、勃起をするだけで結構です。



人間の体は使わないと衰えていくものです。



日頃から勃起の週間を持つことは、EDを予防する上で、効果的な方法なのです。


以上、ED予防のアドバイスでした。



しっかりとした知識とともに、
健康な性生活をおくりましょう!



| 未分類 | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

一生で一度も失敗しない避妊法とは。

こんにちは。




本日は女性の体を守る医薬品のご紹介です。




日本と欧米との性教育のレベルには、大きな差があると言われますが、

欧米各国で積極的に選ばれている避妊法について、本日はご紹介します。



上記の通り、日本とは異なり、欧米にて積極的に選ばれている避妊法といば、

ピルによる避妊法です。



ピルによる避妊法は、近代的避妊法とも呼ばれ、
一生の間で一度も失敗しないと言われる避妊法です。


先進国の多くは、近代的避妊法が6割から8割の普及率となっておりますが、
日本では近代的避妊法の普及率は数%に過ぎません。



このように、現状日本と欧米の間では、
非常に大きな避妊に対する意識の差があると言えるでしょう。




この違いが生じる原因については、下記のように様々な見方ができるでしょう。



・コンドームの選択が消極的であるという事。
・近代的避妊法は許可されているが、その選択肢が日本においては極端に少ない。
・コンドームと近代的避妊法のコストの差が大きい。
・副作用や、世間的に良くないという、偏見
・まともな避妊教育がされていない教育体制


このような理由から、
日本では、ピルによる避妊法(近代的避妊法)の普及率が伸び悩んでおります。


しかし、私としては、
世界各国で普及率が伸びている近代的避妊法を日本の女性達にも、
積極的に取り入れて欲しいと願うばかりです。


では次に、何故近代的避妊法が強い効果を発揮するかについて、ご説明致します。



ピルを飲んでいると妊娠しない理由として、大きく3つの理由があげられます。



1つ目は、排卵が起きません。


どういう事かというと、妊娠のメカニズムにも関係してくるのですが、
排卵前の体の中には、エストロゲンというホルモンが存在しており、
このホルモンが作用して排卵を起こします。



更に、排卵後又は、妊娠中の体内には、エストロゲンに加え、
プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが存在します。



体内に黄体ホルモンが存在しているこの状態だと、排卵は起こりません。

このメカニズムを利用し、主成分としてプロゲストーゲンという黄体ホルモン剤を含有し、
これを服用する事で、体内に黄体ホルモンを存在させ、

排卵を起こさせないようにしているのがピルという訳です。


2つ目は、子宮内膜が着床に適する状態にならない事です。


受精卵が着床するには、厚くて柔らかな子宮内膜が必要です。



通常、エストロゲンが子宮内膜を厚くして、プロゲステロンが柔らかい子宮内膜を作りますが、
ピルを服用していると、黄体ホルモンのプロゲストーゲンが作用し、着床に十分な厚さにならないのです。



これが2つ目の理由です。


3つ目の理由としては、子宮頚管粘膜が粘りけをもつことです。


精子は膣の奥にある子宮頚管を通って子宮に進入しますが、
黄体ホルモンのプロゲストーゲンの作用により、この通り口の粘膜が粘り気を増します。



すると精子が通過するのを妨げ、子宮に至るのを防ぐという訳です。



以上の理由から、ピルによる避妊法は、高い避妊効果を持つとされております。



以上のような特徴により、強い効果を発揮するピルですが、
世の中にはピルというだけで、たくさんの商品が存在しております。



ここでは、日本人の体に合った、ピルを幾つかご紹介してみましょう。

一般に人気があるのは、


・マーシロン
・Diane35



でしょうか。



理由としては、2つあるのではないかと考えます。

まず、比較的体格の小さいアジアの女性向けに創られており、日本人の体に合っているという事と、
多くの輸入代行ショップでも扱っているため、入手が比較的簡単だという事です。



商品詳細はこちらからご確認頂けます。
【http://www.import-cowboy.com/】


次に避妊効果を持つピルの使用方法について、ご紹介します。


通常ピルは、「月経の第1日目」から飲み始めます。


月経が始まった最初の日曜日から飲み始めるものもあるが、

基本的には指定された日から1日1錠飲み続けてください。



毎日1錠づつ忘れずに飲む工夫として、決まった時間に飲む週間をつけると良いとされております。


朝起きた時や、夜歯磨きの時でも良いので、

毎日決まった時間にやることと一緒にする事で飲み忘れを防止できます。



でももし、飲み忘れた際には、下記の事を覚えておいて下さい。

まず、飲み忘れが24時間以内だったら気付いた時点で1錠服用し、さらに予定時刻に1錠を服用して下さい。



そして、予定時間に「昨日飲み忘れた!」という事に気づいたら、その場で2錠を服用して下さい。


それ以上時間がたってしまった場合は、服用をやめ、次の月経を待って新しいシートで服用を初めてください。
※月経周期を崩したくない人は、そのまま服用し続けても良いですが、避妊効果はなくなるので、ご注意下さい。



次にピルの副作用についてご説明致します。



まず、ピルは薬なので、副作用がゼロという事は有りません。


もちろん多少の副作用がある事は、頭に入れておいて下さい。



具体的な副作用としては、飲み始めの2-3週間は、吐き気や頭痛、乳房の張り等が起こるかもしれません。



しかし、これらの症状は、飲み続けていくうちになくなっていきます。
※改善されない場合は、医師へ相談してください。



更に、以下にピルに関して、多くの方が疑問に思う点や、不安に思う点を記載します。



・避妊以外にも良い効果が、、、?



ピルには、卵巣癌や子宮癌を予防したり、月経痛が軽くなって周期が安定すること、
そのために貧血が改善する事というメリットがあります。

女性の体を守る働きもあるのです。


・長い間服用しても問題ない?



基本的に問題ないですが、飲み始めの際に、自分や家族に副作用を起こすような要因がないかを
診断してもらう事をおすすめします。これは問診で診断できます。



・将来ちゃんと子供を産める?



もちろん産めます。
そもそもピルは、望まない妊娠を防ぎ、産める体をキープするためのもので、
生まれたときに既にある、卵子を成熟させ、排卵するところの成分だけを、穏やかに休ませているのです。


以上、近代的な避妊法・ピルのご紹介でした。




| 未分類 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

発毛・育毛成分のご紹介

こんにちは。



本日は、当ショップでも人気のある、発毛成分ミノキシジルについてご紹介を致します。


ミノキシジルといえば、もう育毛成分で有名な商品ですが、
その開発元は、ファルマシア・アップジョン社という製薬会社です。



因みにこの会社は現在のファイザー社となっています。



この成分は、もともと、血管を拡張し、
血圧を下げる効果がある薬として1970年代からアメリカで使用されていたものでした。


ところが、この成分を投与している患者から、
副作用として、全身の多毛症になる患者が多かったことがきっかけとなり、
現在のファイザー社が開発に踏み切ったという事です。



その後臨床試験が実施され、脱毛症に有効な成分だという事が発表されました。




このミノキシジルという成分は、脱毛抑制のプロペシアとは異なる働きをもっております。

異なる働きとは、直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を促す働きです。


対してフィナステリドは、脱毛を引き起こす成分を抑制する効果があるとされております。


このミノキシジルの成分を使用し、日本ではリアップが有名な薬として、大正製薬から発売されております。

このリアップには、含有量が1%のものと、2%のものがあり、
開発に携わった武田氏によると、
ミノキシジルの含有量1%と2%の双方を実験した結果、ほとんど差が見られず、
副作用を考慮すると、日本人の体には、1%が最良だと判断できた。という事です。




上記のリアップについて、発売初年度は、爆発的なヒットを記録しましたが、
現在では各メーカーが後発の商品を発売した所で、売上は横ばいとなりました。




アメリカで開発に携わったオルセン博士は、

1%の場合は、連続したとしても効果が出るまで最低6ヶ月は必要だと見てます。


同成分を5%含有している、ロゲインにしても、

地道な継続が効果を生むという事に関しては、変わらないと医療関係者は言います。


ここで、注意をしておくべき点として、
ミノキシジルはAGA(男性脱毛症)の頭頂部に関してのみ認められており、
額等の生え際には効果が確認されていない点です。



脱毛には様々なパターンが確認されておりますが、
頭頂部に効くものと、生え際に効くものと、
対策薬にしても、ご自身にあったものをご利用頂くのが宜しいでしょう。




また、ミノキシジルの効果をあげる方法として、注文されているのが、
フィナステリドを併用する方法です。


フィナステリドは、育毛剤として有名なプロペシアに含まれる有効成分で、
前述のように、脱毛を引き起こす成分を抑制する効果があるとされております。


フィナステリド単体で、脱毛を防止しただけでは本人の期待値を超える効果は難しいものです。
そこで、ミノキシジルを併用する事で、脱毛防止効果にプラスして、発毛を促す効果をもたらします。


このようにミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)は、
お互いの長所と短所を補うことで治療効果を発揮しますので、
併用する事でより高い効果が期待出来るというわけです。



以上、ミノキシジルを中心に、フィナステリドも少々ご紹介しましたが、
上記成分は医薬品ですので、効果的に育毛・発毛の効果を得る事を望むのであれば、
これらの知識をしっかり把握した上で、ご利用頂く事を推奨致します。



また、ご利用に際し、しっかりと医師と相談の上で利用下さい。


最後になりますが、下記にミノキシジルの副作用についてもご説明致します。



まず、最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。

これはアレルギーによるもので、
頭皮に炎症が起こることから、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもあります。



ただしこれらの症状は比較的弱いものだといわれ、
ミノキシジルを使った人誰もが副作用をおこすというわけでもありません。


その他の副作用として、低血圧を招く事があります。
もともと高血圧の治療に使用されていた薬のため、逆に低血圧を招くことがあるという訳です。


更に、強い眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、旨の痛みやむくみ、動悸、
といった、心臓や血管に関係した副作用が出るケースが報告されております。



以上が副作用の紹介となります。


簡単ではありますが、
育毛や発毛に関して、お客様のお役に立てる事を願っております。


※当ショップは、こちらから


| 未分類 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

期間限定セール開催!

本日は、”セールのお知らせ”をしたいと思います!


現在、輸入代行のカウボーイでは、期間限定で
”AGA(男性脱毛症)対策セール” を開催しております。

ウボーイサイト はこちら。


その内容はというと、



1.ミノキシジルタブレットが2箱で、1980円!


2.プロペシアが3箱で10,500円!

です!




もちろんポイントも付きますし、
ポイントを利用して購入する事も可能です!




赤字覚悟のご奉仕価格です!!




期間限定ですので、是非お早めにお買い求め下さいね。




それでは、簡単ですが、本日は告知のみで失礼します。




お読みいただき、ありがとうございました。




| 未分類 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花粉症対策薬をご利用になる前に知っておきたいこと

はじめましたFC2ブログ!

アメブロとリンクして、同内容を配信していきたいと思います!

という事で早速ですが、本日は、
当ショップで扱っている花粉症の対策商品について
少し書いてみたいと思います。

もう花粉の時期も過ぎておきながら、今更ですが、、、

そういう事はあまり気にせずにいきます。

当ショップでは、花粉症対策についての商品をご紹介しておりますが、

http://www.import-cowboy.com/

対策商品の説明の前に、花粉症の説明をすこし、、




花粉症の正体は、ヒスタミンというものにあります。


こいつには血管拡張作用があり、この作用によりアレルギーの症状である、
くしゃみ、鼻水などが発生するのです。



こいつを抑えるのですから、花粉症対策の薬は、抗ヒスタミン薬(剤)と呼ばれます。



そして、この抗ヒスタミンには、最初に登場した”第一世代”と


その後に台頭してきた、”第二世代”が存在します。



それぞれどんな特徴があるか見てみましょう!


■【第一世代抗ヒスタミン薬】



・商品名  →タベジール、ヒスタベリン、ポララミン、レクリカ等



・効果   →くしゃみ ◯(速攻性あり)
       鼻水   ◯(速攻性あり)
       鼻づまり △



・副作用  →主に眠気、全身倦怠感、口内の乾燥
       その他(喘息、排尿障害、緑内障、自動車運転禁忌)

纏めると以下のようになりますでしょうか。
第一世代は即効性に優れており、服用後30分程で効果があらわれるため、
辛いと思ったその時に服用すると、症状を抑えることができます。
ただ、持続時間は比較的短く、眠気や口が渇くなどの副作用が強い事が弱点でしょう。

以上から、第一世代は花粉症の初期治療にはあまり使われません。
病院で処方される花粉症の薬も、現在第二世に移行しています。


では、気になる?第二世代も見てみましょう!



■【第二世代抗ヒスタミン薬】



・商品名   →アレグラ、ジルテック、クラリチン、ザイザル、アゼプチン、アレロック、
        アレジオン、エパステル、ザジテン、ゼスラン、セルテクト、タリオン、等



・効果    →くしゃみ ◯(速効性あり)
        鼻みず  ◯(速効性あり)
        鼻づまり ◯(効果あり)



・副作用   →肝臓・胃腸障害、心筋障害


第二世代についても、まとめてみます。
第二世代の特徴は、効果の持続が長いことです。
また、鼻づまりに効果がある事と、眠気の発生率が低い事も大きなメリットです。
※第一世代では、眠気に悩まされた方が多くいました。

弱点としては、毎日服用することによって効果が発揮されますが、
効果があらわれるまでに2週間程度かかる事でしょうか。

遅効性は弱点といえますが、現在は花粉の飛散時期が予測出来るため、
前もって服用する事が可能です。




と、こんな感じでしょうか。



最近ではジェネリック医薬品も増え、

たくさんの薬がネット経由で手に入る様になりました。



お客様には、しっかりとした知識をもって、

商品をご購入頂きたく思います。




という事で、簡単にですが、ご参考にして頂けると幸いです♪



因みに、等ショップが扱うのは、
見て頂くとすぐわかりますが、主に第二世代です。



日本では第二世代が有名であり、最近では、遅効性も
気にならない程度になってきているのか、前の晩に飲んでおくと、
次の日は一日大丈夫だと言う体験談をよく見ます。


※ジルテックとか、ザイザルとか、クラリチンとかですね。

まだ花粉の飛ぶ季節は続きますが、
花粉症の正体を知り、正しい対策をしましょう!


当ショップはこちらから飛べます。

http://www.import-cowboy.com/

| 未分類 | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。