FC2ブログ

バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その4)

こんにちは。



本日も連載を継続していきたいと思います。



今回は、その4ですね。




内容はというと、
前回までで、花粉症対策薬の第二世代の抗ヒスタミン薬をご紹介し、


入手が難しいのが問題だという話をしましたね。




今回はその、簡単な入手方法について具体的にご紹介しましょう。



それでは、早速、芸もなく最初からその方法についてご紹介しますが、
前回のその3で述べた、入手するのが困難というのは、日本国内に限っての話になります。


どういう事かというと、この抗ヒスタミン薬の第二世代の薬は、海外では普通に市販で売られているのです。
※国によっては、処方箋なしで手に入る薬なのです。


前回ご紹介したジルテックに関して言えば、諸外国では既に認可され、市販されております。

しかし何故か、基本的に日本は新しい薬の認可に非常に時間がかかるようです。


とにかく、海外では当たり前に売られているので、
これを個人輸入する事に関しては、処方箋をもらわなくても入手することが可能です。


もちろん何かあっても個人責任となりますが、
病院に行く手間や、毎回の診察料を考えればはるかに安い値段で手に入れられるので、
自分が実際に服用して信頼している薬であれば特に問題はないでしょう。


ただ、実際に自分で海外に発注しろと言われても困ると思いますので、
これについては個人輸入を代行してくれる業者が存在します。


要するに、自分で海外の業者を探して発注をかける手間を代行してしてくれるわけですね。


利用する側としては、

インターネットでの手続きなので、ネットショップで購入している感覚に近いと友人は言います。


「近い」というのは、あくまで依頼するのは「発注の代行」であって「薬の注文」ではないのが違うところです。


そういうわけで、届いた商品を服用して何か問題があっても、

輸入代行業者に文句を言うことはできないというのが注意すべき点だと。


実は当ショップもその輸入代行会社の一つですが、
個人輸入の代行をしている業者は、たくさん存在しております。


ご利用の皆様には、当社を含め、多数ある輸入代行の企業からしっかり選定をしていただき、
ご利用頂く事をおすすめ致します。


最後に少し宣伝風になってしまいますが、当ショップでは、
タイの国から認可を受けている商品のみを扱っておりますので、
安心の商品をお届け出来る点で、自信を持っておすすめ致します。


それでは、その4まで、連載は続きましたが、
このシリーズもここまでとさせて頂きます。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。




スポンサーサイト

| 未分類 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://importcowboy.blog.fc2.com/tb.php/11-e0be4d46

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。