バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

肩こり、生理痛に! 女性の味方アスピリン。

こんにちは。



本日もバンコクは良い天気です。
最近はスコールも何故か少なく、過ごしやすいです。



日本はいかがでしょうか。
台風が近づいているそうですが、
もうすぐ?もう?梅雨という事もあり、雨が続いているのでしょうか。



さて、昨日でAGA(男性脱毛症)に関する記事もひと通り書き終えたので、
本日は新しく、”アスピリン”という成分について見ていきたいと思います。




”アスピリン”、

この成分についてご存知の方も何名かいらっしゃるのではないでしょうか。




でも、多くの方は、アスピリンと聞くと、



『なんだ?それは?』となると思います。




そんな方々も、日本で市販されている薬の名前を言うと、おわかりになると思います。


”アスピリン”は、”バファリン”に含まれる成分です。




バファリンと聞くと、『あぁ、頭痛薬ね!』となりますね。




さすがバファリンの広告効果はすごいものです。




そもそもアスピリンは、解熱鎮痛剤と呼ばれるもので、
炎症の起きている部位を鎮痛、また解熱する作用のある成分です。




このアスピリン、実は業界では結構有名で、
最近では、アスピリンを長期に渡って毎日服用する事で、
ガンによる死亡率が低下するという研究結果も出ております。




研究によると、5年間に渡ってアスピリンを連続投与した所、
ガンによる死亡率が3分の1まで縮小するという決定的な証拠を発見したそうです。



上記のように、様々なシーンで活躍するこのアスピリンですが、
今回ご紹介したいのは、生理痛・肩こりに対して効果を持つ事です。




世の中の多くの女性の皆さんは、生理痛や肩こりにお悩みの事と思います。


言わば女性なら、ほぼ必ずと言っていい程の確立で経験するのではないでしょうか。

※女性ではないのに、知ったような事を言ってすいません。笑




”アスピリン”は、これらの痛み・辛さから開放してくれます。




更に、アスピリンは副作用が比較的少ない薬としても知られておりますので、
いままでの生理痛や肩こりの悩みを解決に導く素晴らしい薬として、ご利用頂けるのではないでしょうか。

※もちろん効果・副作用には、個人差はあります。




宜しければ当ショップでも個人輸入が可能ですので、お試し下さいね。




アスピリンはこちら。



最後に、アスピリンについて調べている上で、

面白い使用法について発見したので、ご紹介しておきますね。



------

・切花の活力剤として利用する。

アスピリン錠を砕いて粉状にし、花びんの水に入れると、
アスピリンに含まれるサリチル酸が水をきれいにし、切花を長持ちさせることができるそうです。


・シミ取り

たんぱく質のシミを取るのに、アスピリンが効果的。
汗や制汗剤のシミには、アスピリンを数錠お湯に混ぜ、シミの部分に含ませて数時間置きます。
そのあと、普段と同様に洗濯すれば、シミは消える。

また、卵のシミには、アスピリンを水で溶かしてペースト状にし、
布の裏側からシミの部分に塗り、歯ブラシでこする。最後に、お湯で洗い流せばOK。


・虫さされ

アスピリンを濡らし、虫さされの部分にあてると、応急処置になる。

------


だそうです。


これは私も初耳でした。

以上、本日はアスピリンに付いてご紹介でした!



失礼します。

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://importcowboy.blog.fc2.com/tb.php/15-ef6fdc0b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。