バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

発毛・育毛成分のご紹介

こんにちは。



本日は、当ショップでも人気のある、発毛成分ミノキシジルについてご紹介を致します。


ミノキシジルといえば、もう育毛成分で有名な商品ですが、
その開発元は、ファルマシア・アップジョン社という製薬会社です。



因みにこの会社は現在のファイザー社となっています。



この成分は、もともと、血管を拡張し、
血圧を下げる効果がある薬として1970年代からアメリカで使用されていたものでした。


ところが、この成分を投与している患者から、
副作用として、全身の多毛症になる患者が多かったことがきっかけとなり、
現在のファイザー社が開発に踏み切ったという事です。



その後臨床試験が実施され、脱毛症に有効な成分だという事が発表されました。




このミノキシジルという成分は、脱毛抑制のプロペシアとは異なる働きをもっております。

異なる働きとは、直接毛母細胞に働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪の成長を促す働きです。


対してフィナステリドは、脱毛を引き起こす成分を抑制する効果があるとされております。


このミノキシジルの成分を使用し、日本ではリアップが有名な薬として、大正製薬から発売されております。

このリアップには、含有量が1%のものと、2%のものがあり、
開発に携わった武田氏によると、
ミノキシジルの含有量1%と2%の双方を実験した結果、ほとんど差が見られず、
副作用を考慮すると、日本人の体には、1%が最良だと判断できた。という事です。




上記のリアップについて、発売初年度は、爆発的なヒットを記録しましたが、
現在では各メーカーが後発の商品を発売した所で、売上は横ばいとなりました。




アメリカで開発に携わったオルセン博士は、

1%の場合は、連続したとしても効果が出るまで最低6ヶ月は必要だと見てます。


同成分を5%含有している、ロゲインにしても、

地道な継続が効果を生むという事に関しては、変わらないと医療関係者は言います。


ここで、注意をしておくべき点として、
ミノキシジルはAGA(男性脱毛症)の頭頂部に関してのみ認められており、
額等の生え際には効果が確認されていない点です。



脱毛には様々なパターンが確認されておりますが、
頭頂部に効くものと、生え際に効くものと、
対策薬にしても、ご自身にあったものをご利用頂くのが宜しいでしょう。




また、ミノキシジルの効果をあげる方法として、注文されているのが、
フィナステリドを併用する方法です。


フィナステリドは、育毛剤として有名なプロペシアに含まれる有効成分で、
前述のように、脱毛を引き起こす成分を抑制する効果があるとされております。


フィナステリド単体で、脱毛を防止しただけでは本人の期待値を超える効果は難しいものです。
そこで、ミノキシジルを併用する事で、脱毛防止効果にプラスして、発毛を促す効果をもたらします。


このようにミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)は、
お互いの長所と短所を補うことで治療効果を発揮しますので、
併用する事でより高い効果が期待出来るというわけです。



以上、ミノキシジルを中心に、フィナステリドも少々ご紹介しましたが、
上記成分は医薬品ですので、効果的に育毛・発毛の効果を得る事を望むのであれば、
これらの知識をしっかり把握した上で、ご利用頂く事を推奨致します。



また、ご利用に際し、しっかりと医師と相談の上で利用下さい。


最後になりますが、下記にミノキシジルの副作用についてもご説明致します。



まず、最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。

これはアレルギーによるもので、
頭皮に炎症が起こることから、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもあります。



ただしこれらの症状は比較的弱いものだといわれ、
ミノキシジルを使った人誰もが副作用をおこすというわけでもありません。


その他の副作用として、低血圧を招く事があります。
もともと高血圧の治療に使用されていた薬のため、逆に低血圧を招くことがあるという訳です。


更に、強い眠気や頭痛、性欲減退、体重の増加、旨の痛みやむくみ、動悸、
といった、心臓や血管に関係した副作用が出るケースが報告されております。



以上が副作用の紹介となります。


簡単ではありますが、
育毛や発毛に関して、お客様のお役に立てる事を願っております。


※当ショップは、こちらから


スポンサーサイト

| 未分類 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://importcowboy.blog.fc2.com/tb.php/3-f62834d2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。