FC2ブログ

バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

EDに対する必要最低限の知識とは、、

こんにちは。


本日は男性の悩み、EDについてご紹介していきたいと思います。


日本には多くのEDの患者がいるという話は有名な話ですが、
そもそも、



・EDとは何なのか。
・どういう病気なのか。
・どういう治療法があるのか。



本日は、EDを語る上で最低限必要な知識をご紹介していきたいと思います。


まず、EDとは、英語の(Erectile Dysfunction)の略。
日本語に訳すと、”勃起不全””勃起障害”と呼ばれます。


一般的にEDと言われると、勃起をしない状態を指すと思われがちですが、実際の所はそうではありません。


下記のような状態の時も、総称してEDと呼ばれます。



・たまに立たない時がある
・立つまでに時間がかかる
・立っても性行為の途中で萎えてしまう


上記の場合は、軽度又は中程度と呼ばれ、全く立たない状態を重度と呼びます。


因みに、医学的には、下記のように定義がされているそうです。



”性交時に十分な勃起や、その維持が出来ずに、満足な性交が行えない状態”



そう考えると、軽度や中程度もEDの中に含まれるというのも納得がいきますね。


ある薬品メーカーのデータによると、現在国内でEDを患っている男性の数は、
推計で1130万人とされており、
計算上成人男性の4人に1人が勃起による性行為の悩みを抱えているそうです。



これを全世界で見ると、欧米では7000万人、世界全体で1.5億人がEDに悩んでいるとされております。



また、よくある誤解がもう一つあるので、ご紹介しますと、
EDは加齢による中高年の病気だと思われがちですが、年齢とは直接関係ありません。



確かに、加齢によって男性ホルモンが減少する事で、この病気が発症する方が居るのは事実ですが、
最近では、ストレスなどが原因でEDを発症してしまう若い男性が目立って増えてきています。


続いて、EDを語る上で外せない、問題の一つとして、
治療をうけている患者の数が少ない事も書いておきたいと思います。



前述のように、国内でEDを患っている男性の数は1130万人ですが、
そのうちで、実際に病院で治療を受けている患者の数はどれくらいなのかといえば、
僅かに1割程度と言われております。



これにも理由があります。



・生死に関わる病気ではない。
・恥ずかしいので、他人知られたくない。
・ED治療には保険が使えないために検査や治療薬が異常に高額。
・ED治療に関する情報が少なく治療をはじめたくても躊躇してしまう。



などです。



確かにもっともな理由だとうなずけますね。

私自身頷いてしまう所です。



しかし、ED治療は適切な知識を持って行うべきであり、

一人で悩む必要は全くありません。



今やEDは、男性によくある病気であり、病院に行く事は恥ずかしい事では有りませんので、

しっかりと診断を受け、早期に治る様に処置をしましょう。



あとあとを考えると、それが一番良い方法なのではないでしょうか。




さて、

概要をご紹介したところで、治療についても触れておきたいと思います。



まず覚えておいて頂きたいことは、勃起不全を発症してしまう原因は人によって違うという事です。



生活環境、体質、性格、他に患っている病気やその治療のために服用しているお薬など、



様々な原因が絡み合って勃起不全を発症します。



そして、当然その原因によって勃起不全の治療法も違います。



一応代表的な治療法について、ここでは触れておきますが、

下記に記載する治療法は代表的なものであり、万人に当てはまるものではありませんので、ご注意下さい。


1.ED治療薬を服用する


最も広く取り入れられている治療法です。
EDを患っている人の80%以上は治療薬の服用で症状が改善するといわれています。
国内の病院で購入可能な治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。
国内で治療薬を購入するには病院を受診するか、または、インターネットでの個人輸入代行を利用する以外にありません。


2.海綿体注射法



海綿体注射法は主に、ED治療薬が使用できない人向けの治療法です。
この治療法は1982年にフランスの血管外科医によって初めて取り入れられました。
局部の血管を拡張し強制的に勃起を促す作用がある、プロスタグランジンE1という薬剤を陰茎海綿体に注射する方法です。
海綿体に異常がなければ通常5分ほどで勃起し、効果は約2時間持続します。
ただし、国内では患者本人の自己注射は認められておらず、患者さんは病院で注射を受けた後、
すぐにエッチする場所に移動しなければいないという不便さがあります。


3.ミューズを使用する



こちらの治療法もED治療薬が使用できない人向けの治療法です。
ミューズとはバイアグラなどの経口薬とは違い、

注射法と同じ薬剤をスポイトのような器具によって尿道から挿入し、
尿道内の粘膜を通して吸収させるアメリカ生まれの治療薬です。

通常5~10分で効果が現れ、持続時間は30~60分です。ミューズは海綿体注射と違って医師の診断、指導を受ければ患者本人で使用が可能です。
使用にあたっては疲労、アルコールの飲みすぎ等は避ける必要があります。
また、ミューズを使用する際は必ず医師の診察を受けましょう。



以上が主な治療法です。


繰り返しますが、EDは恥ずかしい病気ではなく、世界で多くの人が悩んでいるものなので、
もしEDかもしれないと思ったら、医師の元へ相談へ行き、ED治療薬を処方してもらうのが良いでしょう。


上記のように、恐らく医師の元へ行っても、ED治療薬を処方されるでしょう。

処方通りに服用する事で、後に健全な性生活を送る事ができるでしょう。


もちろん、当ショップでも、上記のED治療薬は入手できます。
治療法1.でご紹介している、輸入代行で入手する方法の一つですね。

商品詳細はこちらから【http://www.import-cowboy.com/?ca=22】


確かな知識と共に、当ショップをご活用頂き、ED治療のお役に立てて頂けますと幸いです。




それでは、最後に、番外編として、ED予防のポイントをご紹介して終りにしたいと思います。



EDを予防するうえで大事なポイントは下記の通り3つあります。



1.食事
2.運動
3. 休養




なーんだ。そういうアドバイスか。

そんなの全部の病気に共通する事ではないか。




という感じですね。



しかしこの3つが一番良いとされるので、まずは日頃の生活から改善していきましょう。




更に、今回はせっかくこのサイトをごらん頂いたいたので、

上記の3つに加え、効果的な予防法をご紹介します。




EDを予防するうえでとても簡単で、とても基本的な方法は、日頃から勃起を習慣付けておく事です。



理想は一日一回勃起させること。



毎日が無理でも週に2~3回は勃起させてみるのが良いと思います。



何も一日一回セックスするという訳ではなく、勃起をするだけで結構です。



人間の体は使わないと衰えていくものです。



日頃から勃起の週間を持つことは、EDを予防する上で、効果的な方法なのです。


以上、ED予防のアドバイスでした。



しっかりとした知識とともに、
健康な性生活をおくりましょう!



スポンサーサイト

| 未分類 | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://importcowboy.blog.fc2.com/tb.php/5-96acabac

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。