バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

花粉症との付き合い方(その1)

こんにちは。


本日は、花粉症について、書いてみたいと思います。



今更か?



という感じでは有りますが、花粉症については書きたいと思っていたので、
来年の事も有りますし、書く事にしました。




因みに、花粉症に関するコラムは、
私だけでなく、私の友人の話も参考にして書いていきます。

※私の友人は、15年以上花粉症と付き合っています。


風の便りに、

現在では、もう花粉も弱まりだしたとの話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。




花粉症の人なら花粉のニュースには敏感でしょうから知っていると思いますが、
なんと今年は例年の10倍の花粉が飛んでいるそうですね。




10倍の花粉はいかがでしょうか。




確かに花粉はたくさん飛んでいるようですが、
私自身、10倍きついかと言われればそうでもないですね。。

まぁ、私は、ほとんど花粉症とは言えない位の症状しかでないのですが、、、



という事で私の友人にも聞いてみたのですが、

私の友人も、毎年同じ位辛いと言っておりました。




また、花粉も増えたようですが、同じように花粉症の患者も増えているそうです。



その数は、一説に2000万人以上いるという話を聞いた事が有りますが、
私の回りの人を見ていると、あながち間違いではないような感覚を受けます。



2000万人というと、国民の6人に1人という割合です。



これは、普通に考えたら国家レベルで対策が必要なんじゃないかと思える程の人数です。



また、国家レベルでなくても、会社レベルでも対策が必要なのではないでしょうか。



というのも、花粉症の人ならわかると思いますが、
症状が出てしまうと(特に鼻水が止まらなくなると)、ほぼ仕事に集中することは不可能です。



花粉症患者がまったくいないという会社はほぼ無いでしょうから、
会社にしてみても損失と言えるんじゃないでしょうか。


とにかく、全ての花粉症患者の方にとって、花粉が飛ぶ時期は恐ろしい時期です。




そこで、




このブログでは、
私や私の友人が、どのように花粉症の時期を乗り越えているかを、参考までに書いていきたいと思います。


前述のように、私の花粉症の症状はひどくないのですが、
私の友人は、もう15年程花粉症と付き合っているので、その経験を元に、
どのように花粉症の時期を乗り越えているのかを書く事で、何かお役に立てるかと思います。



ではでは、
具体的な話は次回にして、今日はここまでとします。



次回は友人の対策方法をご紹介していきたいと思いますので、

お楽しみに。。。



その1はここまで。




スポンサーサイト

| 未分類 | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://importcowboy.blog.fc2.com/tb.php/8-84e8f730

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。