バンコク輸入代行日記

ご訪問ありがとうございます!輸入代行業を営むカウボーイ店長のタイでの日常、お薬について、その他もろもろの日記です。

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アンチエイジングのDHEAとは

こんにちは^^

最近は良い調子で更新出来ております!

これからもサボらないように更新を続けていきたいと思います。^^

さて、本日は巷でにわかに注目を集めている、DHEAについて書いてみたいと思います。

これがDHEAです↓

DHEA25mg.jpg


このDHEAが注目を浴びている理由は、そのアンチエイジングの効果からです。

最近アンチエイジングが流行りですからね!!

さて、このDHEAは、略さずに言うと、

デヒドロエピアンドロステロンという名前になります。

一応ご紹介しましたが、覚える必要はないでしょう。笑



覚えるべきなのは、このDHEAの特徴です。

DHEAは何者なのかというと、

副腎というホルモンを分泌する臓器に存在する、ホルモンの基のような者です。

人間の身体には、150種類ものホルモンが存在すると言われますが、
その中でもっとも分泌量の多いテストステロン、エストロゲン等のホルモンを創りだすのがDHEAです。

なにやら、別名で、”ホルモンの母”とも呼ばれているそうです。

なんだか偉そうですね。


その偉そうなDHEAは、20歳をピークに分泌量が減少していきます。

高齢(80歳位)になると、20歳の時の20%も分泌されないという程です。

だからサプリメントから取る必要があるのですね。

お察しのとおり、DHEAを摂取する事で、

上述のエストロゲンやテストステロンホルモンの分泌を促し、
これらのホルモンの働きによって様々な効用が得られるという仕組みです。

DHEAの効果としては下記のような事が上げられます。

・免疫能の賦活化
・記憶力の向上
・体重の減少
・長寿


等です。
なんだか万能薬みたいですね。

また、このDHEAには、大きな副作用がないため、

欧米ではホルモン補充療法の薬として有効と判断している医師も多いようです。

なるほど。薬として投与されているのですね。


DHEAの服用については、一般的に1日10-50mgを内服するとされておりますが、
この投与量は40代以上の代の男女を対象とした量ですので、若年者にはて適応されません。

というか、若い人には十分この成分が分泌されるので、むしろ服用の必要はないでしょう。


大人の味といった所でしょうか。笑

とにかく、アンチエイジングの効果を持つという事で、

現在注目を集めいている、DHEAについてご紹介でした。

当ショップでもお求め頂けますので、

是非大人の味をお試し頂いてみてはいかがでしょうか。

商品へはこちらからアクセスが可能です。

【http://www.import-cowboy.com/ca13/156/p-r13-s/ 】


| 未分類 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

健康な食生活って?

こんにちは^^

今日本は、15時位ですね!

僕のPCには、日本の時間が表示されるので、
見るたびに日本がどんな感じなのかを思い浮かべてしまいます。

さて、タイトルにもご紹介しましたが、
今回は雑談風に問題提起をしてみたいと思います。

といっても、書いていてまとまらなかったので、
タイトルを後付で決めてみたというだけなのです。笑

まぁ、それはそうとして、今回のお話は、
”必要な栄養素について”です。


要は、私は、何を、どれだけ摂取しているれば、将来にとっても問題ない、
健康な生活が送れるのかという事が知りたいのです。

巷や、インターネットでは、
一日に必要な栄養素だとか、
必須カロリーとかっていうのは、

ご丁寧に細かく解説をしてくれていますね。

しかし、その、、、、

例えばビタミンB1は24mg摂りましょうと言われても、、、、

ぶっちゃけよくわからないわけです。笑

特に、忙しいビジネスマンの方々は、

『一日に必要な栄養素がこれくらいだろ。今日は、
朝と昼でこれくらい取れたから、夜はこれを食べよう。』

という計算なんてしていられないと思うんです。

ただでさえ考える事の多いビジネスマンの方は特に。


ないんでしょうかね、

【これ!これ!これ!毎日食べれば大丈夫!】


それか、

【A・B・C群と分かれていて、それぞれの群から一つづつ選び、
それの組み合わせを変えても、毎日ABC群全てを食べれれば問題ないです!】


みたいな情報っていうのは。

私が知りたい位です。笑


まず、私もそうだったのですが、

日常、朝は忙しいから、野菜ジュースのようなもので済まし、
お昼は先輩と一緒にどっかで定食やらお弁当を食べ、
夜は近場の牛丼やか蕎麦屋みたいな所で食べる。

という生活を続けていて、流石に健康的な生活をしているとは思いません。

だからといって、

何がどれほど足りないのか。

何を食べれば良いのだろう。


というのは、分からないのです。

悲しいものですね。笑

私はどうしていたかというと、足りないのは野菜だろうと。

勝手な推測を基に、外食の時も野菜炒めとか、サラダとか、
野菜をとにかく無差別に食べていました。

おかげ様で、今は健康ですが、
あの時の生活が正しかったのかどうか。

謎のままです。

私は、かなり多くの社会人の方が同じような悩みを抱えていると思うのですが、

いかがでしょうかね。

と、タイトルの通り問題を提起しておいて、今回のブログはここで終わります。笑

明日も宜しくお願いしますm(..)m

| 未分類 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ダイエットの秘訣は基礎代謝!!

こんにちは。

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、ダイエットの決め手となる、基礎代謝について見ていきたいと思います。

ダイエットと深い関係にあるこの基礎代謝、

皆さんもこの言葉については既にご存知かと思います。

一応説明すると、

”その人が何もしていなくても、消費する一日のエネルギー量のこと”です。

ではこの基礎代謝、ご自身がどの位かというのは、ご存知でしょうか。

ここまでご存知の方はなかなか少ないのではないでしょうか。

前述も致しておりますが、

ダイエットをするに当たって、この基礎代謝というものはとても重要です。


なぜかというと、この基礎代謝というのが、

”太りやすく痩せにくい”人なのか、”太りにくく痩せやすい”人なのかを分けるからです。



因みに、当ショップ右上に、

健康状態をチェックするツールが有りますので、是非ご活用頂きチェックをしてみてください。

【http://www.import-agency-th.com/ 】


要は、この基礎代謝が大きいほど、”太りにくく痩せやすい”体質という事です。


それはそうですね。

例えば、基礎代謝が1500キロカロリーの人と、2000キロカロリーの人がいた場合、
当然2000キロカロリーの人の方が太りにくく痩せやすいという事です。

因みに、下記の項目にこころ当たりのある方は、基礎代謝が低くなっている可能性があります。

ご自身でチェックをしてみて下さい。^^



-----

肩こり、腰痛がある
普段、体を動かすことが少ない
体温が35.9℃以下
月経不順
冷え症
疲れやすい
疲労が残る
血圧が低い。
汗をかかない
顔色が悪い

-----


いかがでしょうか。


きつい事を言うようですが、これに当てはまる人は、


"太りやすく、痩せにくい" 身体の可能性があります。




それでは続いて、



この基礎代謝を、どうやってあげるか。



という事についても見ていきたいと思います




因みに、私も調べましたが、基礎代謝をあげる方法については、

ネットで検索するとたくさの裏技のような技術がたくさん出てきます。




しかし、私は、要は重要なのは下記の2点なのではないかと思います。




1 しっかり食べて、しっかり動く。



2 筋肉を育てる。




まず、食べる量が少ない人、運動をしない人は、

基礎代謝の低い身体になっていくという傾向があります。

これは、身体が基礎代謝を落とすように出来ているためです。



また、これも注意したい所なのですが、

食べる量がいつも変化する人は、基礎代謝が正常でない場合が多いです。


いつも一定の量を食べるように気をつけましょう。

(※これは私にも身に覚えが、、、)




そして、次に筋肉を育てるというのは、

筋肉量を落とさないように気をつけ(タンパク質を取るなど)、

やはり適度に運動をするという事ですね。



基礎代謝の中で見ても、筋肉のカロリー消費量が一番多いため、

筋肉の多い身体の人程、基礎代謝は多いのです。




以上、私が重要だと思う点をかいつまんで挙げてみました。



上記の点を踏まえて、せっかくなので私に照らし合わせて考えると、

私が基礎代謝をアップさせるにあたり注意すべき点は、

食事をもう少ししっかりと取って、健康的な生活をするという事でしょうか。



もうすこし具体的に言うと、私の基礎代謝は1556キロカロリーだそうなので、

日々もう少しカロリーをとっても良いような気がします。




また、いつも空き時間で手軽なものを食べてしまっているので、笑

(タイの焼きそばとチャーハンばっかり食べております。)

ここは気をつける必要がありそうです。




また、私の身体にも何か変化があれば、お伝えしていきたいと思います。




では、本日もお付き合い頂きありがとうございました。

| 未分類 | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

必要な栄養素ってなんだ?

こんにちは^^

日本では、3時くらいですか。

相変わらず暑いんですかね?

パソコンに日本の時間が表示されるので、
見るたびに日本がどんな感じなのかを思い浮かべてしまいます。




さて、タイトルにもご紹介しましたが、
今回は雑談風に問題提起をしてみたいと思います。




といっても、書いていてまとまらなかったので、
タイトルを後付で決めてみたというだけなのです。笑




まぁ、それはそうとして、今回のお話は、



”必要な栄養素について”です。




要は、私は、何を、どれだけ摂取しているれば、将来にとっても問題ない、
健康な生活が送れるのかという事が知りたいのです。




巷や、インターネットでは、
一日に必要な栄養素だとか、
必須カロリーとかっていうのは、



ご丁寧に細かく解説をしてくれていますね。



しかし、その、、、、



例えばビタミンB1は24mg摂りましょうと言われても、、、、




ぶっちゃけよくわからないわけです。笑




特に、忙しいビジネスマンの方々は、




『一日に必要な栄養素がこれくらいだろ。今日は、
朝と昼でこれくらい取れたから、夜はこれを食べよう。』




という計算なんてしていられないと思うんです。


ただでさえ考える事の多いビジネスマンの方は特に。



ないのでしょうか。




【これ!これ!これ!毎日食べれば大丈夫!】



それか、



【A・B・C群と分かれていて、それぞれの群から一つづつ選び、
それの組み合わせを変えても、毎日ABC群全てを食べれれば問題ないです!】




みたいな情報っていうのは。



私が知りたい位です。笑


まず、私もそうだったのですが、

日常、朝は忙しいから、野菜ジュースのようなもので済まし、
お昼は先輩と一緒にどっかで定食やらお弁当を食べ、
夜は近場の牛丼やか蕎麦屋みたいな所で食べる。



という生活を続けていて、流石に健康的な生活をしているとは思いません。




だからといって、

何がどれほど足りないのか。

何を食べれば良いのだろう。




というのは、分からないのです。



悲しいものですね。笑




私はどうしていたかというと、足りないのは野菜だろうと。



勝手な推測を基に、外食の時も野菜炒めとか、サラダとか、
野菜をとにかく無差別に食べていました。




おかげ様で、今は健康ですが、
あの時の生活が正しかったのかどうか。



謎のままです。




私は、かなり多くの社会人の方が同じような悩みを抱えていると思うのですが、




いかがでしょうかね。





と、タイトルの通り問題を提起しておいて、今回のブログはここで終わります。笑




また明日も宜しくお願いしますm(..)m

| 未分類 | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ダイエットの決め手は、基礎代謝にあり。

こんにちは。




いつもご覧いただきありがとうございます。



最近コメントをくれる方がいらっしゃって、

書いている方としては、とても嬉しく思います。



ずっと一人寂しく書いているので、元気をもらえますね。



ありがとうございます!!






本日の私は、昨日の夜が少し遅かったので、朝はゆっくり。


そして、お昼前からパソコンにむかっております。




本日は、ダイエットの決め手となる、基礎代謝について見ていきたいと思います。





ダイエットと深い関係にあるこの基礎代謝、

皆さんもこの言葉については既にご存知かと思います。




一応説明すると、



”その人が何もしていなくても、消費する一日のエネルギー量のこと”です。



ではこの基礎代謝、ご自身がどの位かというのは、ご存知でしょうか。



ここまでご存知の方はなかなか少ないのではないでしょうか。



前述も致しておりますが、

ダイエットをするに当たって、この基礎代謝というものはとても重要です。



なぜかというと、この基礎代謝というのが、

”太りやすく痩せにくい”人なのか、”太りにくく痩せやすい”人なのかを分けるからです。



因みに、当ショップ右上に、

健康状態をチェックするツールが有りますので、是非ご活用頂きチェックをしてみてください。



【http://www.import-cowboy.com/ 】




要は、この基礎代謝が大きいほど、”太りにくく痩せやすい”体質という事です。



それはそうですね。


例えば、基礎代謝が1500キロカロリーの人と、2000キロカロリーの人がいた場合、
当然2000キロカロリーの人の方が太りにくく痩せやすいという事です。



因みに、下記の項目にこころ当たりのある方は、基礎代謝が低くなっている可能性があります。

ご自身でチェックをしてみて下さい。^^



-----

肩こり、腰痛がある
普段、体を動かすことが少ない
体温が35.9℃以下
月経不順
冷え症
疲れやすい
疲労が残る
血圧が低い。
汗をかかない
顔色が悪い

-----


いかがでしょうか。


きつい事を言うようですが、これに当てはまる人は、


"太りやすく、痩せにくい" 身体の可能性があります。




それでは続いて、



この基礎代謝を、どうやってあげるか。



という事についても見ていきたいと思います




因みに、私も調べましたが、基礎代謝をあげる方法については、

ネットで検索するとたくさの裏技のような技術がたくさん出てきます。




しかし、私は、要は重要なのは下記の2点なのではないかと思います。




1 しっかり食べて、しっかり動く。



2 筋肉を育てる。




まず、食べる量が少ない人、運動をしない人は、

基礎代謝の低い身体になっていくという傾向があります。

これは、身体が基礎代謝を落とすように出来ているためです。



また、これも注意したい所なのですが、

食べる量がいつも変化する人は、基礎代謝が正常でない場合が多いです。


いつも一定の量を食べるように気をつけましょう。

(※これは私にも身に覚えが、、、)




そして、次に筋肉を育てるというのは、

筋肉量を落とさないように気をつけ(タンパク質を取るなど)、

やはり適度に運動をするという事ですね。



基礎代謝の中で見ても、筋肉のカロリー消費量が一番多いため、

筋肉の多い身体の人程、基礎代謝は多いのです。




以上、私が重要だと思う点をかいつまんで挙げてみました。



上記の点を踏まえて、せっかくなので私に照らし合わせて考えると、

私が基礎代謝をアップさせるにあたり注意すべき点は、

食事をもう少ししっかりと取って、健康的な生活をするという事でしょうか。



もうすこし具体的に言うと、私の基礎代謝は1556キロカロリーだそうなので、

日々もう少しカロリーをとっても良いような気がします。




また、いつも空き時間で手軽なものを食べてしまっているので、笑

(タイの焼きそばとチャーハンばっかり食べております。)

ここは気をつける必要がありそうです。




また、私の身体にも何か変化があれば、お伝えしていきたいと思います。




では、本日もお付き合い頂きありがとうございました。

| 未分類 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。